つるつるで滑ってしまいそう|フロアコーティグで最上級の床を

手すりで快適に暮らす

インテリア用品

階段になくてはならないのが、手すりです。もちろん、機能的には必要不可欠ではありますが、最近はデザイン性の高いものが増えてきました。 手すりは、デザインによって、価格が大きく異なります。また部屋や壁の構造によってもコストは変わってきます。特に金属を用いて手すりを製作した場合、階段がらせん状だったり、カーブが多いと、金属加工にも時間がかかるため、コストが高くなります。もし、これから建築予定でなるべくコストを抑えた造りを希望するのなら、階段は直線部分が多いものが一番安く仕上がります。階段の場合は、多くの場合がオーダーメイドとなるため自然とコストが上がってきますが、最近は手すりに合わせて階段を作る人も増えています。

直線的な階段の場合、必ずしも手すりが繋がっていなくても良いので、コストを安く抑えることができます。つまり、パイプ状の物をつなげて直線を描いていくので、一つ一つのパーツが小さくても良いのです。場合によっては、ホームセンター等で購入し、自分で取り付けるのも難しくありません。しかし、階段にカーブが多用されている場合は、ホームセンター等で購入した物では対応することができません。 最近は、介護用に手すりをつける人も増えています。介護用に取り付ける場合は、担当のケアマネージャーに自宅に来てもらい、手すりが必要だと判断されると、介護保険が適用され、取り付けに保険を使うことができます。非常に安価に設置が可能です。