つるつるで滑ってしまいそう|フロアコーティグで最上級の床を

ダクトを清掃しよう

綺麗なフローリング

ダクト清掃で注意すべきではそのタイミングです。床のフローリングなどのコーディングや火災報知器の点検等は義務付けられていたりまた目に非常に見えて目立つものですので忘れないのですが、ダクト清掃になると目の届かないところのことになりますので忘れてしまうということがあります。まず第一の注意点としては点検の時期を忘れないようにするということが大切です。そして第二のポイントですがダクト清掃では空調を完全に停止して行う必要がありますので、会社が休みの時期に頼むことになります。それは土日であることが多いでしょうしまた季節的には夏前などが多いのですがこの時期は非常にダクト清掃業者も込み合いますので、早めに予約をすると言う注意点が必要です。

皆さんのイメージするダクト清掃と言うのはどのようなものでしょうか。空調止めた後で作業員の方がダクトに潜り込みダクト清掃をしてくるというのが大体のイメージなのではないでしょうか。作業員の方がダクト清掃を終えて出てくると非常に泥まみれになっていて大変な作業だなというのがわかると思います。西京のダクト清掃では、人間ではなく小さなロボットがなく頭の中に潜り込んで掃除をしてくれていると言うのが主流になってきています。ですのでダクト清掃をしている間は空調が動いていることも可能と言うことも出てきました。最近のダクト清掃業者の中にはこのように機械で掃除するところもありますので、どうしても空調などが止められない会社の人は、このように機械を使うところを利用してみてはどうでしょうか。